ペニス増大につながる成分とは

ぺニス増大につながる成分は、シトルリンとアルギニンなどの成分です。シトルリンとアルギニンなどは、多くのぺニス増大サプリに配合されている成分で、血液の流れの改善効果が期待できます。血流の流れが良くなるとペニスの海綿体にも血液を届かせることが可能になります。
アルギニンはペニス増大に効果があるもので、アルギニンは体内で血管を広げる働きのある一酸化炭素を生成して、血流を改善する効果があり、これにより勃起した時の血流量が増してペニスが大きくなることが期待できます。さらにアルギニンは男性らしさのもとになるテストステロンの分泌量を助ける働きもあります。
シトルリンは、血管や血流の改善効果があるアミノ酸の一種です。加齢と共に血管は老化し弾力を失いますが、シトルリンはこれを防ぎ、血管を良好な状態に保つ作用があります。アルギニンと同様に、一酸化炭素を生成し血管を拡張して血流を促す効果があるので、アルギニンと一緒に摂ると相乗効果が見込めます。
ぺニス増大につながる成分は、アルギニンとシトルリンの他に、亜鉛やマカも効果が期待できます。亜鉛は、男性ホルモンであるテストステロンの生成を活性化させる働きがあり、精子の量が増やすことが出来ます。またマカは、栄養ドリンクなどにも配合されており、豊富な栄養を含み、古くから滋養強壮効果があります。マカにはアルギニン、亜鉛の他に強壮効果のある成分が多く配合されています。