ペニスが最も増大していく時期は?

ぺニスが最も増大していく時期ですが、いわゆる第二次性徴期です。俗に世間では思春期と呼ばれる時期です。小学生の頃までは男児と女児の間に、大きな肉体的な差異は見られません。しかし中学生の頃から第二次性徴期が訪れ、男児はぺニスが増大していき、生殖機能の方も発達していきます。筋肉がつきやすい体質になり腹筋や背筋や胸筋も発達し、男らしい体つきに変化するのです。

思春期の頃は身長や体重なども増大しやすい時期であり、性的な事柄に関心を強く示すようになり、自慰行為を始める時期とも重なります。ぺニスサイズも児童のそれから成人男性並の長さや太さに変化していき、ほぼ15歳前後で最終的なぺニスサイズが決まるとも言われているのです。一年で劇的に発達していき、健全な精力の方も旺盛になっていきます。

一方で第二次性徴期以後はぺニスの成長が落ち着きます。20歳以降はほぼ成長する事が無く、太さや長さ等にも目だった増大は見られません。成人後は劇的な変化はなく、むしろストレスや加齢の影響で硬さや持久力がダウンする恐れが出てきます。ただし思春期の頃に成長し切れなかった潜在的な余力が残されていると、成人後でも栄養摂取やライフスタイルの改善などで増大する可能性は残されています。